夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【サインは出ている】

夫婦は会話が大事です。
ということは誰しも思っていることですし、
言われなくてもわかっています的なことだと思います。

ただ、実際にはそれほど夫婦の会話の時間
というのはあるわけではないですし、
夫婦というのは意外と話をしていないことも多いです。
大事なのは量より質のほうで、
量が多ければそれで安泰かというと
そんなこともありません。

夫婦問題が起きてみると後々になって
気づくこと、というのはたくさんあります。
「あのとき・・・・そういえば」と。
「こんなことを言っていた」
と点と点が結ばれたりします。

意外とサインは出ています。
見落としているだけです。
見えていなかった。
聞こえていなかった。
問題が起きるとそのことに気づきます。

問題というのが表面化する前には
必ずそんなことがあるもので、
夫婦という長い関係のなかでは
ずっと以前にサインを出していることもあります。

なぜ見えない。聞こえないか、というと
相手を見ているようで見ていない。
聞いているようで聞いていなかったりするからです。
今、目の前の人が言っている言葉を聞いてみること
今、目の前にいる人の様子を見てみること。
そうするとわかることもあると思います。

コミュニケーションの基本はそういうことだと思います。
目の前の人とやりとりしている。
頭の中にいる夫や妻とやりとりしているわけではないので、
現実の実在の人を相手に
やりとりをしてみたくざい。

日常生活というルーティンの中では
見落としがちです。
でも必ずサインは出ています。
見逃さないように、と思います。