夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【劇的変化】

変わる人というのはみるみる変わっていきます。
こちらがびっくりできるくらい。
何かスイッチが切り替わるとか、
大きくものすごく大きく何かに気づいたとき
劇的に変わっていきます。

たまにそんなスイッチを押せたとき、
うれしいな~、と思います。

そういうことが起きると
問題を抱えていても前向きです。
結果云々ということではなく、
それ以前のこととして、
前向きに問題に向かって対処をはじめられます。
できることをたくさん見つけていかれます。

ただ、大きく変わっていくときは
確かに劇的なんですが、
その前に小さく変わって実感をつかんでいます。
「自分が変われる」という実感。
そして、自分が変わったことによって
夫婦問題が変化するということを
実感として経験しています。

だから最終的に大きく変化していかれます。

人間じつはそうそう劇的変化、なんて
できるものではなく、
なかなか変われないことのほうが多いです。
だから少し変化することでも
問題が改善されたりすると
模索していた方向性が自分で「こちらだ」と
つかめるのだと思います。

自分でつかめると行動も伴いますし、
次に何をすべか、もわかってきます。
すばらしく自分だけでなく変化が起きます。

逆に石にかじりついちゃったの?
というくらい変われない人もいます。
しかたないです。
変わるのが嫌というか、誰でもそんなところはあるので。
ただ、問題を突破していくときは
変わっていくほうが突破口を見出すことができます。

変わることができた人は、
夫婦問題を機に人生の見方まで変わったとおっしゃいます。
夫婦問題が片付いた後、
いろいろなことや人間関係に対しての見方が
大きく変わった気がすると。

そして何よりも自分が、
じつはそのほうがラクに生きられます。
そのことに気づくと問題があっても
前へと進んでいくことができます。