夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【離婚の引き金を引く】

世界のあちこちでテロ。
人は賢いのか愚かなのかわからなくなります。
こんなに進化を遂げたようにも思うけど、
昔から変わらない争い事も止められない。
結局は進化なんてしていないのではないか、と思います。

夫婦喧嘩も同じですね。
今も昔もあるけれど、やっぱり止められない。
人間が進化しても止められない。
そんなもののひとつなのかもしれないです。

いらない夫婦喧嘩を山ほどしてしまうと
取り返しのつかないことになります。
なぜだか、夫婦喧嘩はしても絶対的に大丈夫な
喧嘩だと思っているような節があるのですが。
喧嘩ですから、場合によっては
それで決定的に方向づけられる、
ということもないわけではありません。

だけどやっているとき、というのは、
なぜかそんな危機感というのはなくて、
いくらやっても大丈夫くらいに感じてしまう。

友達とだったらそんなに喧嘩はしないし、
喧嘩しないようにするはずですが、
夫婦だけは別。
親兄弟とでもそんな喧嘩はしなくても
夫婦はやっちゃうし、やってもいいと思っている。

やり過ぎの喧嘩は同じです。
夫婦であっても他人とであっても
修復不可能というところまでいってしまいます。

それはじわじわとヒビが少しずつ入っていき、
あるとき、決定的に割れてしまうような感じです。
そうなってからあわてる人がなんと多いことか。

決定的なヒビ割れが入ってしまうと
もう二度とヒビは修正できないかもしれないし、
修復できたとしても、相当なダメージです。

止めときましょう。
そこまでやってしまうのは。
そんなのは賢い人のすることではありません。
後先考えずに行動する人は自分のことしか
考えられないか、
自分の感情もうまく扱えないか、
どちらかではないでしょうか。

離婚を決意した側に聞くと
夫婦喧嘩をして、そのことが決定的に
「離婚しよう」と固めてしまうことは
よくあります。
それまでは迷っていたとしても
喧嘩が引き金になって離婚を決意します。

結局「もう無理だな」という結論に達するんですね。
仮に夫婦喧嘩という些細なことで始まった喧嘩だとしても
いつもいつも喧嘩ばかりだと嫌になってしまいます。
夫婦でいる意味ってなんだろう、ということに。

喧嘩は、争いはやっぱり不毛なのです。
喧嘩を回避する能力を磨くほうが
よほど有益なことが多いはずです。