夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【夏休み】

いきなり熱波かいっ・・・というくらいの灼熱。
もうほんと最近は極端ですよね。

夏休みに突入したお子さんが
いらっしゃる方も多いかと思います。
夫婦問題の最大ともいえる悩みが子どものことです。

子どもはどこまでわかっているのかとか。
子どものことを思えばこのままでいたほうがいいのかとか。
子どものためにむしろ離婚したほうがいいのかとか。
もちろん経済的なことも。
子どものことを思えばこそ。

意外に子どもはよくわかっているので、
実際にどう何が起きているのかまでは
わからなくても、
まあ、父親と母親がうまくは行っていないことは
わかっていると思います。

むしろ親のほうがわかっていないかもしれない。
子どもは言わないだけかもしれない。

長期的におつき合いしていると
相談者を通してお子さんの成長を感じることがあります。
そんなことを言えるようになったのね、と
思うことがありますし、
立派に成長したことが伝わってくることも。

子どもには成長という力があるので、
どんどんみるみる変わっていきます。
わずか1年でも大きく成長していきます。
大人とは大違い。

子どもから思春期へと通り過ぎていく。
とくにそんなときは、親は置いていかれるかのように
問題は変わらず、でも子どものほうが成長して
見方が変わっていたりもします。

でもそうして成長ができるのは、
親が見守る気持ちを持っているからなのだろうと
思います。
親が自分の思いだけで走ってしまうと
それは変なものを子どもに渡してしまうことになります。

でもいつも思っている。
(思い過ぎもよくはないですけれど)
過ぎない程度に思っていて
親自身がちゃんと
自分の人生を進もうとしていると
子どもは順調に
成長できるんじゃないでしょうか。

夏休みは子どもが成長著しい時期です。
夏休みが終わったとき、子どもはグンと成長しています。
どうぞ、今年一度しかない夏休みです。
夫婦問題はあるかもしれないけれど、
たくさん栄養を吸い上げて成長できるように
とお子さんたち、思います。