夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【浮気を知ったとき】

夫の浮気を知っている。
妻の浮気を知っている。
そんなとき、黙っていることのほうが難しい
そんな場面はときどきあります。

また嘘をついて出かけているのはわかっている。
逆に一方はばれているとは知らずに
うまくごまかせていると思っている。

そんなとき、わかってしまった側は
すへてをぶちまけて怒りをぶつけたくなります。
全部知っているのだ、と。
すべてわかっているのだ、と。

だけどね、ちょっと待って。
それは感情だけの問題です。
感情の持っていき場がないだけ。
感情では問題解決とはなりません。

怒りもごもっとも。
悲しいのもごもっともです。
だけど、それを嘘をついている人にぶつけても
あまり問題解決にはならないのです。

問題はあなた自身です。
夫婦を裏切り、平気で嘘をつき、
こちらからしたらナメているとしか思えない状況。
それがあなたの夫や妻であり、
その人とどう付き合うのか? が問われています。

あなたはどうするの?
なのです。

怒りをぶつけて何かが解決するとか、
ぶつけた後にスッキリするとか、
ありましたか?

怒りというのは自分のココロのなかにわいてくるもので
それを鎮めるのは自分でしかないのではないでしょうか。
そして相手にしてみたら、そうやって嘘をつき続け
今まで浮気が成立していたわけで、
何かが変わったということはないのです。
むしろ知った側が変わっただけです。

知ったから怒りがわいてくる。
知らなければ怒りはわきようもありません。

夫や妻の浮気を知ったとき、
感情に身をまかせないようにと思います。
怒りのコントロールはとても難しいけれど、
ひと呼吸おくだけで違ってきます。

そのままストレートではなく、
ひと呼吸。
それからあなたの一歩を出しても
まったくもって遅くはないです。