夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【大切に思っているよ】

夫婦になった瞬間から
なぜだか、お互いに感謝の気持ちを素直に伝えられす゜、
そのことが積み重なっていき、
いつしか夫婦は遠い遠い存在に
なってしまっていることがあります。

なぜなのでしょうね。
ひとこと「ありがとう」でもいいのに。
大切に思っているのに、
そのことが伝わっていない・・・。
そのまま夫婦問題に突入してしまう・・・残念なことです。

自分のなかで思っているだけでは
夫婦だって伝わらないことはたくさんあります。
後回しに後回しにしているうちに
夫婦には取り返しのつかない溝ができてしまいます。

ある高齢の夫は妻のことが大好きでした。
でも、妻にそのことを言葉で伝えたことはないし、
いつも亭主関白で過ごしていました。
そうこうするうちに妻のほうが年老いてしまい
先に亡くなってしまいました。
そのすぐ後。
夫も妻の後を追うように亡くなってしまいました。

妻は夫にそれほど愛されていることを一生知らず、
わがままで好き放題に見えた夫が
年老いてきた晩年には重荷に感じていました。
もったいない。
妻が夫の気持ちを知っていたら、
妻の人生はもっとバラ色だったのかもしれません。

妻に先立たれた夫のほうが
夫に先立たれた妻よりも短命だと言われています。

アンケートをとると妻のことを好きだと思っている夫は
夫を思っているという妻よりも上回ることがほとんどです。
でも、伝わっていないのかしら?
と思うことは多いです。

せっかく出会って夫婦になったのですから、
出し惜しみとか、照れとか、沽券なんて関係なく
「大切に思っているよ」ということを
伝えてみてください。
そう言われてうれしくない人はいないのですから。
そう言われることで関係はよくなっていくのですから。

夫婦のあいだに大きな溝ができてしまう前に。
素直な気持ちは言葉にして、
伝えていく勇気をもってみてください。
取り返しがつかなくなる前に。