夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【危機は突然ではない】

毎日生き延びるのが大変。
といった感じですが、みなさまのところはいかがでしょうか。

夫婦に危機が訪れるというのは、
長くやっていればないはずはなく。
最近はそれほど長くなくても
危機は訪れます。

大切なことは危機をどのようにして乗り切るか、ですが、
そのためには危機があることに
気づかないとどのようにもしようがありません。

危機がないものと思っていると
危機が迫っていてもまったく気づかない
ということに。
危機は問題が表面化して初めて
実感として、危機がそこにある、
ということに気づかされます。

それまでは、どういうわけでしょうか。
危機とは思っていない。
危機などあるはずがないというか、
実感が伴わないというか。

危険察知能力が夫婦に関していうと
かなり鈍い状態。
または、安心しきっている。
または、見くびっている。
そんなことでしょうか。

どんな夫婦であっても
いろいろな山や問題や
外的な問題が起こるということはあるものです。

一番困るのは夫婦の危機=離婚の危機のときです。
いきなりの離婚問題。
でも相手にとってはいきなりではなく、
最終の答えが出てしまったということです。

そんなことがしばしば起きます。
離婚というところに至る前の危機に気づかないと
そんなふうに感じると思います。
夫婦というのは大きな誤解なのではないか、
と最近では思います。
理解ができている。
わかっているという大吾回。
そこから一度離れてみます。
わかってなどいないし、
理解もしてもらっていないししていない。
だから、いつも気をつけていないと
いきなりの危機
ということになってからでは大変です。