夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦だから】

夫婦というのは、どういうわけだか甘えが出ます。
近い存在だから、なのかもしれませんが、
夫婦だから、家族だからとなんでも受け入れてもらえる
と思っているところが、どこかにあるのかもしれません。

自分を振り返るとどうでしょうか?
受け入れていますか?
どちらかというと、受け入れられる許容範囲は
狭かったりしませんか?
または、事によっては受け入れられるけど、
ここだけは受け入れられない、ということはないですか?

なんでも受け入れられる人間関係などというのは
ない、と思っています。

また、フォローをしなくても
わかってもらえるはず、というのも甘えです。
わかるはずがありません。
夫婦といえども。

もし配慮もなく、自分の気持ちの赴くままに
関係を保っているとしたら、
相手の嫌なところや勝手なところばかりを
夫婦は見ていることになります。
これでは、そもそもうまくいきません。
むしろ嫌になって当然かもしれないです。

妻だから当然。
夫だから当然。
なんてないのではないかな、と思います。
配慮とか気遣いとかは
夫婦以外の人間関係と同じように必要です。
だってもとは他人です。

たまたま近いというだけで、
とはいえ、それほど密かというと、
それほどでもないのが夫婦です。

家庭運営という大きな目標があるがために
人間関係としては思慮が足りなくなることがあります。
それが夫婦です。

近いけれど密ではないのが夫婦です。
だから近いけれど、知ろうとしないとわからないし、
知ってもらおうという努力がないと、
家庭を回していくことだけの
空っぽの夫婦へとなっていってしまいます。