夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【嘘のチリ積も】
【違う方向を見ていた】
【イラッとする】
【傷つけるつもりなどないけど・・・】
【家事はお任せする】

最も人気の高い記事

【嘘のチリ積も】
【違う方向を見ていた】
【イラッとする】
【傷つけるつもりなどないけど・・・】
【家事はお任せする】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【相手を見る】

信じていたからわからなかった、
ということがあります。
まさか夫が、妻が浮気なんて。
そう信じていたので。
多くの場合でそうではないかなと思います。

ほんとうに信じ切っているとわからない、ことがあるんですね。
まさかまさかのことです。
そこから立ち直ることが大変な人もいますし、
怒りがフツフツとわいてくる、ということもあります。

でも気づいたことは大事なことです。
多くの場合で、浮気したまま離婚を切り出したり
「ずっとうまくはいっていなかった」的なことで
浮気している側は押し切ってしまおうとしますから。

一度気づけばね、そこからは案外、
簡単に点と点がつながっていきます。
気づくかどうかはけっこうな分かれ道です。

信じてしまうのは、
ずっと過去の姿のままで
今に至っているからで、
人というのは変わっていくものだし、
今の相手を夫婦はあまり見ていないという
側面があるんだと思います。

固定してしまうことや
決めつけて人を見てしまうことは怖いことがあります。
信じ込んでいるというのでしょうか。

人なんて変わっていくのが当然です。
変わらない人がいたとしたらそのほうがおかしいわけで、
自分だって変わっていっている。
だってそうじゃないと成長もないわけで、
成熟もないわけで、
子どものままであるわけがないでしょうしね。

でもなぜだか夫婦と言うのはどこかの情報のまま
止まっていたりするんでしょう。
それは自分の目でしっかりと見ていない
ということでもあるのかかもしれないです。

よく、結婚したら片目で見る、なんて言われますが、
ちゃんと見ていくことは大切なことだと思います。
相手が何を考えているのか、
どんなことを感じているのか、
そんなことをいつもちゃんと見ているのがいいのではないか
と思っています。