夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【恐妻家】

やさしい夫と怖い妻。
そんなカップルがいます。
昔だったら恐妻家と言うのかもしれません
が、恐妻家というと、妻を怖がるふりをして、
うまく付き合っている、といったイメージがあります。

そんな恐妻家とは一線を画し、
ほんとうに妻が怖い――。
そんなふうに感じている。思っている。
夫もいます。

ときどき女性のモラハラが問題になりますが、
すごくよくわかります。
言葉でいうと女性のほうが圧倒的に
使うのは上手ですし、長けています。
男性はかなわない、と思う人も多いと思います。

だから、もしも立ち位置が固定化されてしまい、
妻が怖い、とインプットされた夫は
以降、妻がひたすら怖い。
必要以上に怖い・・・ということに。

ああ言ったら、こう言い返される。
こう言ったら、きっとあんなふうに言い返される。
そんなシミュレーションばかりが浮かびます。

が、言ってみることですね。
言ってみないとわかりません。
頭でシミュレーションしていても、どうにもなりませんし
そうなるか、なんてわかりません。

相手のことばかり気にして言いたいことも言わず
我慢していると
いつか我慢の限界がやってきます。
そのときは、もう止まらなくなりますからね。
自分で自分が止まらない。
わかっているけれど止められない。

そりゃあ言い方というのはありますよ。
でも、そこまで我慢してしまうと言い方なんて
吹き飛んでしまいます。
そうなる前にちゃんと言いたいことは言ってもいいんですよ。
言わないと。

我慢するかキレるかじゃ
コミュニケーションが未熟すぎます。
そのあいだの相手に伝わる方法で
言ってみる模索は大事ではないですか。