夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【自己防衛】

夜はだいぶ冷え込みます。
寒いくらい。
風邪など気をつけてくださいね。

夫婦はどうしてこうも行き違うのだろうか・・・と
思うことは多々ありますよね。

言っても言っても相手に届いていかない。
なぜか湾曲して受け取られてしまう。

難しいんですよね、コミュニケーション。
言いたいことはたくさんあって、
でもそのうちのひとつも通じないとしたら、
だんだんと人はあきらめていってしまうものです。

それが積み重なっていくと
ああ、この人とはうまくいかないのだ・・・と
あきらめになっていきます。

そのときに愛情があればまだ頑張れる
ものかもしれません。
が、愛情が底をついてしまっていたら
もうほとんうにあきらめの境地に至ってしまいます。

そして人間あきらめると
とても楽になります。
ある意味あきらめは
自分を守るためのものです。
もうこれ以上傷つきたくないから。
もうこれ以上不毛な時間を費やしたくないから。
もうこれ以上無駄な努力はしたくないから。
ひとつの期待もなくなります。
気にならなくなるのですね。
あきらめると。
まったく気にならない。
そうなると楽です。
どうでもいいのですから。
気にならないということは
関心すらなくなるということです。

ある意味の自己防衛。

だけど、それは長く続けていくのはとても大変なことです。
そんなに人間できてはいないのです。
人生を無駄にはできないのです。
あきらめて生きていかれるのは一定の期間。
いずれそのままであれば事情が許すようになれば、
破たんへと傾いていきます。