夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【夫の昼食が憂鬱】

先日夫源病の石蔵文信先生のイベントの
アシスタントをしました。
土鍋でご飯を作る――。

「毎日が発見」という雑誌のイベントですが、
先生は土鍋で自分のご飯くらい作れないと
と男性向けの料理教室を各地で広めています。

夫が定年して家にいることが憂鬱という方。
いませんか?

自分の食べるものを自分で作るのは基本。
土鍋は遠赤外線効果で火の通りがいいので、
1人分でも上手にできます。

先生はもともとは循環器のドクターですが、
そこからうつのことを手掛け、
うつの夫の妻もうつになることに気が付きました。
その原因は夫。

定年後やることがなくなった
生きがいがなくなった夫がうつになると
妻もうつになるということに気が付きました。

そこでどうするか?です。
うつになるのはやることがなくなり、
社会とも付き合いがなくなり、家庭だけが
自分の社会になるからです。

やることがなくなるのはつらいですよね。

毎日やることがある、というのは幸せなことです。
定年後の夫の昼食は妻の憂鬱の原因のひとつですが、
まずはそこから解消しようというのが土鍋料理です。
1人分の土鍋でひとり分の昼食を作れるようになる。
というのが石蔵先生の提案です。
からだにだっていいはずと。

先生は大学教授としての仕事があり
自分のクリニックの診療もあり、
孫たちの保育園の送り迎えも毎日するイクジイです。
そのうえ野菜を育て、この秋は米も収穫したそうです。

スーパーな人です。
だけど楽しそう。
そしてイベントに参加された皆様も
発見して帰っていかれました。
「土鍋ってこんなに便利? 」という感じ。
女性が多かったですが、目からうろこだったみたいです。

自分の食事は自分で作れる。
大事ですよ。
定年後だけでなく、
そして今の若い世代はできるのが当たり前でないと。

料理のできる男は今やモテる条件のひとつのような
気がしています。
みんな女性たちも忙しいですからね。
女がするもの、なんて言ってられません。