夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【嫁と姑】
【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】

最も人気の高い記事

【嫁と姑】
【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【話し合おう・・・?】

連休なんだな・・・と。
気が付きました。
いまさら、ですが。
夫婦問題は連休も、あまり関係ないので。
運動会もあちこちで、開催されていますね。

離婚したい側が休日になると話し合いを求めてくる。
週末話し合おう、と言ってくる。
別居している離婚したい側が
休日にやってくる・・・とか。
話し合いでどうにかなるのか、
という気もするのですが、なぜか離婚したい側が
話し合いを、と言ってくるケースと
いうのがよくあります。

離婚しくない側としては
離婚はしたくないわけですから、
話し合ってもそんなに合意をみることは
少ないのですが、なぜか話し合えば
離婚に同意してしくれると
思っているかのようです。

何をどう話し合うのか。
がむしろまだ大事なわけですが、
あんがいただ「離婚したい」と言っているだけ。
その理由を延々と述べるだけ、だったりします。
あげく、理由だけではなく、自分の正当性を主張して
相手を罵倒する、もしくは悪いのは自分ではない、
我慢していた等々といった主張が展開されます。

話し合いではないですよね。

離婚したくない側としては、
そんなこと延々と聞かされたとしても
離婚する気にはなれないでしょう。
なんで?
そんな無意味な時間を過ごすのか?

話し合いでどうにかしたいのか
なると思うのか。
「離婚、離婚、離婚」と言えば
同意が得られると思うのか。

だとしたら、ほんとうに夫婦というのは
わかっていないのだな、
とつくづくと思います。
と言いますか、相手の性格をよくわかっていないのだなと。
思わざるを得ません。
性格のみならず、それ以前の人間を、
というべきなのかもしれないですが。

つまり話し合いなんて成り立つわけがない側が
話し合いをと言っているようなものです。