夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【妻の経済力】

若い世代ほど、妻に働いてほしい
と思っている夫が増えています。
「妻が働かない」という悩みも増えています。
結婚しない人がどんどん増えているのも
経済的なことが大きく影響しています。

結婚して専業主婦は、
今後はあまり成立しなくなるのだと思います。
かつては、結婚したら仕事を辞めてほしいと思う夫が
多かったのですが、今後は働いてほしい、
という夫が増加していくのは必須です。

中には妻の経済力に魅力を感じて結婚したのではないか
という夫もいますが、これはちょっといくらなんでも。
女性としては、それを知ったときは興ざめです。
確かに魅力のひとつではありますが。
経済力が筆頭だとしたら・・・ね。

夫婦には扶養の義務というのがあるので、
収入の多いほうが少ないほうを
扶養する義務があるのですね。
ただ、一般的には夫が妻を扶養する義務のことです。

それに妻の経済力が魅力だとしたら、
夫は主夫をできるくらいのスキルがあれば
まだいいのですが、
主夫もできず、経済的には完全シェア。
でも家事は妻任せ、だと問題ですよね。
シェアならいろいろシェアしないと。

それでも最近は男性と同等か、
男性以上の収入の女性も増えているので、
今までとは違う夫婦問題や離婚問題が発生します。

男も女も仕事だけできればいいというわけには
いかないですし、
お互いが同じ条件で、どうやって家庭を作り
家庭を運営していくか、は、
よく話し合ったり考えたりしていかないと
大きくズレてしまいます。
経済力に甘えていると
必ずズレてくるように思います。

経済力は大切な要素ですが、
それが筆頭というのは
どうもうまくいかないことも多いです。
ズレたときに経済が筆頭だと
すごくいびつなことになります。

やはり、「夫婦はふたりで力を合わせ」という意味が
男女差がなくなりつつあるなぁ
という気がしています。
かつては妻は家庭を守り夫が稼ぐで
よかったのですが、今はそうはいきません。