夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【何を言っているのか】
【勘と思い込み】
【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】

最も人気の高い記事

【何を言っているのか】
【勘と思い込み】
【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦が仲良くなるための方法】

夫婦を円満に保つために
夫や妻が好んでいるもの。
好きなこと。
こうしたことに対しては肯定か自分もそうだ、
と同調してみます。

そうすると円満度はアップします。
必ずです。
人間関係を円満にするための方法と
思ってもらえればわかりやすいかもしれません。

否定的な人や自己中な人は
当然ですが、周りに人はいなくなります。
夫婦も同じです。

同調してくれれば気持ちのいい関係ですし、
必要な人に思えます。
大切にもしたくなります。

自分が好きかどうか、ではなく
相手が好きなことであれば
肯定し、受け入れる姿勢が
よい人間関係を作ってくれます。

まあ不貞していて、不貞相手を好きだから
それを受け入れろ、というのとは話が違いますよ。
趣味とか嗜好とかいったレベルの話しです。

「この服が好き」と言えば「そうなんだいいね」と
反応してあげる。
「おいしいね」と言えば「ほんとにおいしいね」と
同調できる。
「仕事が大変」と言えば「頑張っているよね」と
応える。
そんな対応ができれば
夫婦は円満です。

「この服が好き」
「でも似合わないよ」

「おいしいね」
「そうかしら? 」

「仕事が大変」
「私だって大変」

これではなかなかうまくは行きませんし、
ぎくしゃくもするでしょう。
大切な存在とは思われなくなっていくのは必須です。

自分の意見ではなく、
どうしたらよい関係を保てるか、
と考えてみるといいのではないかと思います。

夫婦に限らず誰とでも、です。
そんな関係を他者と持てる人は
きっと人生も充実できるはずです。
いい関係が周りにあると
人は安心していられるし、
安定した気持ちで過ごすことができます。
そのためには、まずは自分から、
なのではないのかな、と思います。