夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【モラハラスパイラル】

どうも夫婦というのは、
お互いに甘えの気持ちがあるせいか、
どこまでいっても「きっと許される」などと思ってしまうようです。
その「許される」がだんだん侵食して行って
ボーダーラインがずいぶんとズレてしまう、ということがあります。
なんでしょうかね? このおかしな感じは。

夫婦というふたりの世界にいると
何が正しいことで何がおかしなことかという基軸がズレてしまい、
ふたりの間だけで成立するルールみたいなことになります。
世間一般から見たら、ずいぶんとおかしなところに
いることになります。

でも世間一般なことがいいわけでも
正しいわけでもなく、
ふたりがそれでいいのであれば、
それはそれでいいんです。

そうではなくて、自分が何か苦しい。
自分が何か居心地が悪い。
そんなふうに感じているとしたら、
それはどこかに無理があるわけで、
何かを無理し過ぎている、ということです。
ふたりの関係にひずみがたまっている。
そんな意味です。

モラハラの場合、よくそんなことが起きます。
相手からひどい態度が返ってくるので
なるべくそれを避けようとしてしまう。
それで必要以上の我慢をしてしまう。
必要以上に頑張ってしまう。
それでもちっとも居心地はよくならず、
相手からはいつもいつもダメ出しか
要求が出される。
それでもまだ気が付かずに
自分がいけないのではないか、と思ってしまう。

相手がモラハラなのですから、
やってもやっても解決などしません。
モラハラをしている当人には、それがモラハラである
などという自覚はないのですから。
悪いのはいつも自分ではなく、相手側です。
やってもやっても、その努力は報われることはありません。

気づかないとずっとそのスパイラルにはまったままです。
そして、問題というところまでいって、
初めて、自分がしていること。
置かれている場所。
おかしいのではないか? と気づくことになります。

でも気づくことができればまだいい方で、
気づくことができず、苦しいままの人もいます。