夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【しんどい夫婦】

昨日はいい夫婦の日でしたね。
耳が痛い、という人もいれば、
いい夫婦になりたいという人も多いかもしれません。

いい夫婦ってなんだろう・・・・と考えてみました。
仲がいいとか、円満とかありますが、
大事なのは共感力なのではないかな、と。
大切な要素のひとつ。

夫婦といえども、それぞれにいろいろなものを
抱えています。
仕事のこととか、おつき合いのこととか。
自分の家族の問題とか。
何もかも共有しているわけではないのだと思います。

また役割もあって父親として、母親として、
やるべきことや担うことがあるのだと。

それらを個々に抱えつつ、
夫婦をやっています。
そのときに相手の問題に
どのくらい共感をもっていられるか、は
いい夫婦でいるためには大事なことかな、と思います。

妻が妊娠中にどのくらい大変か、は
男性である夫には実感としては
わかりようもありませんが、そこにどのくらい
共感ができるか。

もしも夫が仕事で大変なことになっていたり、
忙しかったりしたときに、
仮に夫の仕事のことは見たことがなくても
どのくらい共感ができるのか、
ではないでしょうか。

わからないことや経験していないことなど
たくさんあります。
だけど、自分のそばにいる人が
どんな状況で、どんな思いでいるかは
知ることができるかな・・・だぶん。
知ろうと思えば。
知ろうとしないとわからないと思います。

知ることができないのは
コミュニケーションが足りていないのか、
知ろうという姿勢なのか、
むしろ自分が大変なんだから、という思いなのか。
これもまた背景はいろいろあると思います。

だけど、共感力の足りない夫婦は・・・
やってて寂しいものではないでしょうか。
自分が正しいとか、
自分が大変とか、
自分が一番に来てしまうようだと
結局、その自分が楽しいか
というとそんなことはなく、
夫婦はしんどいことになります。