夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【イマジネーションの欠如】

コミュニケーションは夫婦にとってだけでなく、
どんな場面でも大事なことです。
自分の言いたいことを言うのが
コミュニケーションではないのはご存知のとおりです。

ですが、夫婦になるとなぜかそこのところが
まずは「言わなくちゃ」ということがよくあります。
むしろ「言うだけ」になっていたりします。

それだとコミュニケーションは成立しなくなります。
双方向ではなく、一方通行だからです。

コミュニケーションははっきり言って難しいです。
ぼんやりとしていると全くうまくいかなくなります。
しっかり意識を持ってやっていかないと。

発信する側がいて、受け手がいる。
だからコミュニケーションが成立します。
ひとりではコミュニケーションでないです。
問題は受け手に対して
どのくらいイマジネーションができるか、
なのだと思います。
それがないとイマジネーションの欠如です。
それがコミュニケーション上の問題を引き起こしていきます。

夫婦問題になっているケースでは
イマジネーションの欠如がとても多いです。
自分の気持ちばかりが先に出て、
イマジネーションが全くなくなっていることがあります。

でもイメージと自分の勝手な想像や妄想とは違います。
たまに勝手に自分のなかで理論を組み立て、
それに沿って答えを見つけ出してしまう人がいます。
そして、それは独りよがりだったりします。

それは何を招くか、というと
結局自分が行き詰ることになります。
想像の産物だからです。
現実は全く違う、ということがあります。
現実に目の前の相手は全く別のことを考えているということです。

夫婦問題が起きると
イマジネーションがとくに欠如します。
イマジネーションを働かせるためには
自分の身に起きている問題ですが、
そこばかりを見ていると
なかなか解決方法を
見出していくのは難しくなります。