夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【コミュニケーションの欠如】

夫婦別姓は違憲ではなく、
女性の再婚期間は違憲。
今日はそんな婚姻にまつわる重大な判決が出ました。
皆さんはどのように感じたでしょうか。
私は夫婦別姓が選べてもいいのではないか
と思っています。
同姓でもいいし、別姓でもいい。
何しろ少子化ですからね。
それに結婚がすでに家同士の結びつきではなくなりました。
なかには結婚はしたけれど、相手の親戚どころか親には
まだ会っていない、という人もいるくらいの時代です。
それで姓云々ではないだろう、家制度崩壊もないだろう、と。
つまり現実はもっと進行しているということです。

それと夫婦カウンセラーとしては離婚すると
また姓を変えたりって、大変なのよ、
というのもあります。
実際そうですから。
諸手続きが大変です。
しないで済む側はいいですけれど
ものすごい不公平感があります。
通称使うよりもっとシンプルにしてほしいです。
通称なんて、ほんと日本人的な
わかりずらい発想な気がしました。

さて、夫婦がうまくやっていくために大切なことの筆頭は
コミュニケーションであることは周知です。
最近コミュニケーションのとれない大人が急増中
なのだという話しを聞きました。
大人のコミュニケーション障害。

確かに。
などと思います。

聞く耳のない人とか、
自分の言いたいことを言っているだけの人とか、
言いたくないことは言わない人とか、
ほんとうに増えていますね。

そういうことが夫婦問題も
後押ししているのだろうな、と想像します。
ちょっと不健康な気がします。

コミュニケーションって
いったいなんなのか。
自分の存在そのもの
ではないかと思うんです。
無人島でひとりで暮らしているのではない限り、
必ず誰かとのコミュニケーションがあり、
その関係性のなかで自分という存在が
明らかになります。

自分はこうなのだ、と思っていても
受け手がどうとるか、までは
自分ではどうにもしようがないことです。

自分では乱暴ではないと思っていたとしても
受け手が乱暴な人だ、ととれば
その受けた人にとっては「乱暴な人」になるわけです。

イマジネーションが欠如しているとそんなことになります。
もしくは自分の世界から出ようとしないと。
自分の世界だけで完結できればいいですが、
それは無人島でもない限り無理な話しです。

コミュニケーションができない人は
イマジネーションが足りない人です。
イマジネーションが足りないと
じつは問題が山積み。
むしろどんどん蓄積。
解決は遠のくばかりです。
なぜなら夫婦は夫婦という関係で成り立っているからです。
個ではないからです。