夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【嘘のチリ積も】
【違う方向を見ていた】
【イラッとする】
【傷つけるつもりなどないけど・・・】
【家事はお任せする】

最も人気の高い記事

【嘘のチリ積も】
【違う方向を見ていた】
【イラッとする】
【傷つけるつもりなどないけど・・・】
【家事はお任せする】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【覚悟が必要】

今日はとても寒い一日でした。
暖冬でよかった~、なんてホッとしていたのですが、
やはり寒い時期はちゃんと冷え込んだ方がいいのかなぁ、
なんて思いますね。
胃腸炎の人も多いみたいなのでお気をつけて!

お正月、連休と夫婦で過ごし、
なんだか疲れたわ~、なんてなっていませんか?

夫婦や家族というのは「いいものである」とか
「大切にするものである」という前提だと思いますが、
意外と負担になることも多いです。

私は家族が大事とか夫婦が一番とか
一概には言えないのではないかな、
今の時代、と思っています。

誰かと暮らすということは気を遣うということが多く、
それができるかどうか、という側面があります。
一方で、楽しいことももちろんひとりよりは多いはずです。
でも一方で、大変なことや煩わしいことも多いはずです。
両方わ引き受けることになります。
楽しいことだけ、なんて所詮無理な話です。

今、若い世代が結婚しないのは、
自分の時間がなくなるから。
自由に使えるお金がなくなるから。
そんな理由もあるそうです。
そうだろうな、と思います。

つまりひとりは気楽だし責任も自分だけだし、
でも一方で寂しさとかすべてをひとりで引き受ける、
ということです。

ひとりでいるとしても。
誰かと人生を歩くにしても
覚悟が必要です。

ひとりでいるならそれなりに。
誰かと歩くなら歩調を合わせるという覚悟が。
自分のしたいことや、
実現したいことをするのが結婚ではなく、
ままならないことも引き受けていくという覚悟が
結婚とか夫婦には求められるのだと思います。

自分の思うようにしたいのなら、
ひとりが一番です。
明確な答えです。

でも、誰かと歩くということはままならないことがたくさんある、
ということです。
ままならないことだらけと言ってもいいのかもしれないです。
それでもいっしょにいられるか。
それともひとりで歩く方がよいか。
そんなことが夫婦問題が起きると
問われています。