夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【気持ちがわからない】
【気持ちがわからない】
【マザコン夫との付き合い】
【モラハラ夫】
【ズレまくりの果て】

最も人気の高い記事

【気持ちがわからない】
【気持ちがわからない】
【マザコン夫との付き合い】
【モラハラ夫】
【ズレまくりの果て】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【浮気の後先】

今日はずいぶん暖かい一日で、
日差しもとても明るかったですね。
気づくと2月も半ばです。
早い早い。

浮気はけっこう何かのきっかけに
簡単に踏み出す人が多いですが、
実際のところ問題が発覚して、
夫婦問題になってしまい、
そこからはいろいろなところへ、人へと
波及していき、大変です。

離婚問題になるのはもちろんですし、
浮気した側はすっかり反省して、
夫婦を修復したいと考えていたとしても、
傷ついた側がなかなか立ち直ることができない。
信じることができない、なんていうのは当たり前で、
その痛みを置いておいて、修復といっても・・・。

それに一度ガラガラと崩れ去った信用は
そんなに簡単には取り戻せるものではないです。
信じていればいるほど、
マイナスになった信用とか信頼とか、
戻ってこないでしょう。

戻ってくるためには相当な努力が必要だし
戻ってきたとしても100の信用にはなりません。

不貞した側は意外と簡単に反省して、
謝罪して、それで許してもらえると
思っているのではないか、
と思えるようなケースもありますが、
そうはいかないですよね。

もちろん不貞したのは、もともとうまくいってないから、
などという責任転嫁的な発想の持ち主は
今日はおいておきます。

許すとか許さないとかいう問題ではないかもしれないし、
傷ついた夫婦の関係をどのように繕っていくのか。
傷がついたのは確かなことで、
どうするのだ、その傷を。

ずっと浮上できないで苦しんでいる、
という人もいますし。
怒りにとらわれてしまうという人もいるし。
いろいろですけれど。

簡単なことではないように感じます。
終わったからいいということでもないですしね。
一度壊れた夫婦を
もう一度積み上げていくわけで、
その方法、処理が悪いと
ずっと遺恨なのか、わだかまりなのか、
不信感なのかを持ち続けていくし、
持ち続けて時間を経て、
何かへと変容していく
なんてこともあるのかもしれないです。

それでも懲りずに再び、三度と
浮気をするという人もいますしね。

なくならない問題ですが、
ほんとうに夫婦に決定的な傷をつける
ということもありましょう、と思います。
意外と覚悟なく簡単に浮気への一歩を踏み出す。
欲望を自制できないのかもしれませんが、
その後の代償はじつはとても大きなものだとは思います。