夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

最も人気の高い記事

【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】
【もっとラクに生きる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【マイナス思考】

夫婦問題が起きると
プラスで見られるというよりは
マイナスばかりが見えたり、気になったりします。

マイナス思考かプラス思考かでいうと
マイナスばかり見ていると
どうしたって単純な話し、マイナス思考に陥っていきます。

でもほんとうにそうでしょうか。
自分がフューチャーしている部分がそう見えるだけであって、
全体的に見たら、そんなこともないのではないか。
見え方の問題なのではないでしょうか。

子どもに置き換えてもらうとわかりやすいのですが、
失敗したところを評価の題材にするか、
うまくいったところを評価するか。
誰だって失敗したところは過小評価にしておいてほしい。
そんなふうに思うものではないでしょうか。

そして反面うまくいったところは最大限に評価してもらいたい。

どっちが将来的に結びつくか、というと
私はやはりうまくいったときの評価が
次のステップにつながるのではないか、と思います。

夫婦間でも、
ダメなところばかりを見ていると
ほんとうにダメな人に思えてくるし、
それは単に自分の物差しで
見ているに過ぎないのかも
しれないと思うんです。

評価っていろんな評価があるし、
ときには表裏一体ということだってあるかもしれません。

だから夫婦問題が起きたときこそ、
マイナス思考に陥るのではなく、
どちらかというとプラス思考でいたほうが
見え方が変わってきます。

というのはますナス思考になると
いくらでもマイナス思考になれるからです。
それに問題があるときは
フラットにものごとや関係を見ることができなくなるので、
極力、フラットに見るようにココロがけることが
大事な気がしています。

簡単に言うと考え過ぎてしまうということです。
難しいですけれどね。
問題が目の前にあるのに
プラスで思考していくって。

だからこそ、なるべくでいいので、
そんなふうに自分に働きかけてもらいたい、
と思っています。
そうしないとどこまでもマイナスになっていってしまうからです。