夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【妻の気持ち】

妻の気持ちに気づかなかった・・・という
男性多いです。
問題が起きて、初めて妻がそんなふうに思っていたのか・・・。
と知ることになります。

そこから反省があったり、
後悔があったり、なのですが、
過ぎてしまった時を戻すわけにはいかず、
困難なことになります。

多くの夫が妻の話しを聞き流している
というところに原因があるようです。
妻側からすると「前にも言った」。
何度も言ったけれど、何も変わらなかった。

そうするとどうなるか、というと
多くの場合であきらめの気持ちになります。
夫への働きかけをあきらめてしまう。

やるべきことをやって
あとは気持ちもブレなくなってきます。

そうするとますます夫側からは
妻の気持ちなんてわかりようもありません。

あきらめると何の感情もわかなくなってくるので、
とくに妻側の気持ちが揺れるようなことはなくなります。
言ってみれば静かな状態です。

だけど何かのことをきっかけに問題が
表面化すると、妻の気持ちを知ることになり、
愕然とします。

妻の言っていることに耳を傾けてみてください。
案外、大事なことを言っていたり、
自分の要望を伝えていたりします。
でも夫側からすると
なんでしょうね、また言ってるとか、
ちゃんと心に止めて聞いていないことがあります。
その場をやり過ごそうという感じでしょうか。

確かに妻の言っていることは
小言やグチに感じたり、
また同じこと、と
思うかもしれないのですが、
流してばかりいると
それは積もっていってしまい、
妻はあきらめの気持ちに
到達してしまいます。
まだ言われているほうがいいんです。
関係が成り立たなくなるよりも。