夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】
【自分の感覚】
【家事ハラ母】

最も人気の高い記事

【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】
【自分の感覚】
【家事ハラ母】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【思春期の子ども達】

東京は待ちに待った開花宣言、桜の。
出ました~。
にぎやかな季節になります。
何かと騒がしい?
若い頃は、桜が咲くとそわそわしましたが、
今や、ちょっとにぎやか過ぎて、
そんな騒がなくてもいいんじゃないか、
なんか皆さんストレスでも? それで桜便乗?
なんて思うこの頃です。

思春期の子どもたちの心は
親夫婦の問題で傷ついています。
ですが、反応はいろいろです。

不安がどんどん大きくなっていく子。
なぜなら、親がいないと自分はどうなってしまうのだろう。
生きていけないのではないか、と。
次々に未来に対しての不安が生まれてきます。
悩んでしまいます。

同じ思春期でも自立度が高い子は
サッサと親に見切りをつけていきます。
「やってらんねー」って感じでしょうか。
ばかばかしく思えるようです。
問題の中身云々よりも
こんなばかばかしいことに付き合っていられない、
勝手にやっていれば、という感じかな。
クールと言えるかもしれません。

繊細な子は、精神的にダメージを受けます。
さまざまな精神的な疾患が現れる子もいますし、
体や行動に現れる子もいます。
そんな子たちはとてもデリケートで感受性が敏感です。
親の夫婦問題に対して過敏に
時には必要以上に反応を示します。

大人っぽい子はけっこう親にまっとうな
まさに正解といった意見をくれます。
聞いていると「まさに、その通り! 」といったような。
こんなにいいアドバイザーがいるじゃない、と
思うくらいのときがあります。

親が変わらないと・・・と思うこと多いですよ。
成長中の子どもというのは放っておいても
成長していきます。
ちゃんと育つ力を持っています。
昨日と今日では明らかに違う、といった
わかりやすい成長を示していきます。

むしろ大人の方が
成長は止まっていることが多いので、
子どものことを心配する前に
自らの成長について考えてみる必要が
あるのかもしれないです。

だって大人が成長していくのって大変ですからね。
子どもみたいに右肩上がりに成長はできませんから。
同じころをぐるぐる、なんて
夫婦問題ではよくあります。

子どもは両親は、たとえどんな親でも仲良くしていてほしい、
というのが本音です。
だけど、それが叶わないのなら、
それが現実なら、
次にあなたがどうするか、を見ています。
仲良くしていなければいけないわけではないんです。

究極、親は生き様を見せることしかできない
といってもいいのだと思います。
きれいごとでは済まないのです。
いずれ大人になったらわかることです。
親子といえども。
一個人として、どんな生き方をしているか、です。
子どもが大人になってもつき合いは続くのですから。