夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【気持ちがわからない】
【気持ちがわからない】
【マザコン夫との付き合い】
【モラハラ夫】
【ズレまくりの果て】

最も人気の高い記事

【気持ちがわからない】
【気持ちがわからない】
【マザコン夫との付き合い】
【モラハラ夫】
【ズレまくりの果て】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【夫婦喧嘩へとエスカレート】

夫婦喧嘩は夫婦につきもの、みたいなものですが、
多くのケースでその原因は些細なこと。
覚えてもいないことから始まります。

「なんでそうなったんだろう? 」というくらい、
どうでもいいことで・・・。

ですが、そのどうでもいいことを
大きな夫婦喧嘩に発展させているのは、
多くの場合で会話の仕方にあります。
批判的な言い方や言葉が
感情に火をつけて、喧嘩という不毛な状態に突入します。

「あなたはいつもそうよね」とか
「何度言ったらわかるの」とか
「どうしてやってくれないの」などなど。
多くは女性がそうした会話をしがち、とも。

批判された側はけっしていい感情や
それで反省なんてするわけもなく、
感情的や逆に
攻撃的になっていくのは必至です。

何か頭にくることや
行き違いやイラっとすることなんて
いっしょに生活していればないわけがありません。
そのときに批判的な言い方をしてしまうと
喧嘩という泥沼化です。

できればそういうときには、
相手を批判するのではなくて、
文句を言うくらいにしておくと
「いやあ、悪かった悪かった」と相手も言いやすいですし、
そうすれば頭に来ていたとしても
落ち着いてくるものです。

けっこうその最初のところが大きな分かれ道です。
頭に来たら批判するのではなくて、文句を言う。
「あなた、おかしいんじゃないの」ではなく
「私、頭に来たわ」とか。
夫婦にとって批判は百害あって一利なし、です。

夫婦に限らず、かもしれないですけれど。
むしろ夫婦だから批判してしまう、のかもしれないです。
他人との間であればそんなことは言わないのが、
夫婦だと出てしまう。
ですが、そこはちょっと理性を働かせてみてください。