夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

最も人気の高い記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【親権者の変更】

先月、千葉松戸家裁で画期的な判決が下されました。

子どもを連れ去った母親に対して
面会交流を5年間実施してもらえなかった父親が
親権者になる、という、今まで「継続性の原則」で
現状養育してい親であることや、
母親であること(母性優先)などの理由に、
ほぼ認められることのなかった
父親が親権者に指定されました。

これは、画期的というほかない事例です。

離婚裁判の中で、離婚を認めたうえで
親権者を父親にする、という判決でした。

なぜそうなったのか、というと
連れ去った母親は月に1回、2時間程度の
監視付きでの面会交流しか認めない、という
主張に対して、
父親は年に100日の面会を認める、という主張。
それが決め手だったようです。

「フレンドリーペアレントルール(寛容性の原則)」を
採用しての判決。

わかりやすく言うと
月に1回2時間の面会という母親に対し、
年100日、約1/3を面会に当てるという父親。
どちらが離婚後の子どものにとって利益になるか、と
考えたとき、夫を親権者とした方が
子どもにとってより健全である、ということです。

今までは継続して養育している親が゜親権者にふさわしい。
または、母性優先といった原理に基づいていたのが、
ようやく、子どもの立場に立って、
どちらが子にとって利益が大きいか、
という視点にたっての判決です。

よく、離婚時、この利益優先、ということが
言われます。
夫婦はうまくはいかなかったとしても
子の父であり、母である、という点は
変えようもない事実です。
離婚後も父として、母として、どのように子どもを養育していくか、
ということが問われているのだと思います。

子どもを自分の私物と化してしまうことが
ようやくNOと言われる一歩になるといいなねと思います。