夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【何を言っているのか】
【勘と思い込み】
【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】

最も人気の高い記事

【何を言っているのか】
【勘と思い込み】
【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【何も知らなかったのではないか】

熊本の地震、おさまる気配があまりなく
エコノミー症候群で亡くなる方や
搬送される方も出て、
ほんとに何ができるのだろう、と行き詰るような
先の見えない気持です。
明日は雨だと聞きます。
これ以上のことが起きないようにと
祈っています。

ほんとに突発的に出来事というのは起こることが多くて。
夫婦問題も同じで、予想しないことが起こります。
ほんとに予想しないことが。

だから問題です。

予想ができていることであれば、
問題にはならないのだと思います。

ただ、ときどき「こうなると思っていた」ということもあり、
「こうなると思っていた」のであれば、
どこかそんな予感なのか予測なのか
あったということなのだろうと思います。

その時点で何かを振り返ったり
気づけていればよかったのかもしれないですが、
人って「そういえばあのとき」ということも多々あり。
また、問題になったから「そういえば」と気づくこともあります。

そういう面はあるものだと思います。
何事も。

それと夫婦って近くにいるので、
よくわからなくなっているということもあります。
近いからわかっているかというと
逆のことがあり、近いからこそわからない。

また、勝手に思い込むということも。
「こうであろう」
「こうに違いない」みたいに
思い込みで相手に対してとらえていたり
考えていたりすることが・・・。

だから問題が起きると
今、何を考えているのか、が
わからなくなってしまいます。

むしろフラットに見ていくことが難しい関係なんですね。
何をしたいのか。
何を考えているのか。
場合によっては何が好きなのか、すらわからなくなります。

近くにいて遠い。
夫婦問題があるときは、そんな感じです。
知らないことが多すぎる、とも。
ほんとうの姿というのがわからないのです。