夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【相手の立場】
【ゴミのように捨てられた】
【なんでそんなことをしたの? 】
【問題のマグマ】
【夫婦の黄色信号】

最も人気の高い記事

【相手の立場】
【ゴミのように捨てられた】
【なんでそんなことをしたの? 】
【問題のマグマ】
【夫婦の黄色信号】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【女として見られない】

なんだかGWなのに少しヒヤッとしているな
と思っていたら
熊本では夏日だとか!?
まだ余震も続いていますし、
気候や自然というのは
つくづくままならないものですね。
普通の生活でも体調管理が難しい温度差です。
気をつけてくださいね。

妻が夫に対して
母親のようになってしまうと
いずれ夫(息子)は、
その母親の元を旅立っていきます。
お互いにそれでもいい時、というのはありますが、
ずっとそれが続くわけはなくて、
母親が邪魔な存在と感じるようになった子どもは
母親に反発し脱していきます。
妻が母親役を演じてしまうのは危険です。
いつかは「もういらない」という存在になります。
そうでなければおかしいんですから。

最初は夫もラクかもしれません。
母親みたいな妻だったら。
でも必ずその関係は崩壊するものです。
第一、母親をやっている妻が疲れてしまうかもしれない。
逆のパターンですね。

いつまで経ってもお子様夫の面倒は見られない、
そんな気持ちになります。
だって70歳になってお子様夫だったら
ゾッとしませんか?自分も同じような年になって、
いつまでも子どもみたいな他人のことを面倒見るなんて、
いや、むしろ肉体的にできなくなったときには
ものすごくきついことになります。

それに母親みたいな妻を女として見ることもできなくなります。
よくあるんですよ。
「女として見られない」って、こと。
そりゃあそうです。
母親を女として見ることができたら
そちらのほうが異常です。
そこには愛とか情熱とかなくなってしまいます。
ただ、存在としているのがあたりまえ、な感じ。
何をやってもあたりまえかもしれないし。

そんな夫婦の関係はある意味では不健全です。
夫婦としての機能を失っていきます。
だからとても危険です。
やり過ぎてしまったり、
心配し過ぎてしまったり、
うるさく言い過ぎてしまったり、
カバーし過ぎてしまったり。
大人として扱ってくださいね、夫のこと。