夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ひと言の反論】

夫婦でよく見受けられるのが
ちょっとした反論。
ひと言反論してしまう。
言われたことに対して、ひと言言わせてもらう。

このたったひと言が、
まあ~、大きな夫婦問題につながっていくことが
よくありますね。

なんでしょうね、この心理。
黙ってはいられないということでしょうか。
つい否定の方向に力が働いてしまう。

だから夫婦問題になるともいえるのですが、
徹底的に回避してみることを意識すると
できないことではないのですが、
つい、スイッチが入ってしまう。

でひと言言ったことの見返りとして、
やたら大きな夫婦問題の火種になったり、
場合によってはそのひと言が
取り返しのつかないことへの序章になる。

なーんてことがよくあります。

まず否定、これだとうまくはいかないです。
せめて肯定してから反論を。
言われたことがダイレクトに入ってくるんでしょうね。
夫婦って。
なぜだかストレート。

でこちらもついストレートでひと言返したくなる。
黙ってはいられない。

なんでだろう。
なんでそんなにスイッチが入ってしまうのだろうか。

うまくいく夫婦というのは、
そこをうまく処理している気がします。
反論はしない。
もしくは違う形で反論する。

少なくとも肯定的であることは確か。
「そうね」「そうだよね」
そんな言葉があれば、いいんじゃないでしょうか。

目の前にいる人を肯定できないままに
うまくやっていくのは難しいです。
肯定的に考えていくか
否定的に考えていくかで
先に行っての夫婦の姿はずいぶんと違ってくるのでは、
と思えます。

否定したくなったとき、
ちょっと待てよ、と
立ち止まってみてはどうでしょう。
ほんとにそうなのか、と自問自答してみる。
そのちょっとしたことが
何か違う行動に
つながっていくかもしれません。