夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【キャパシティオーバー】

仕事が忙しいというのは、
基本的にいいこことのようにとらえられがちですが、
ときには、忙しいことが夫婦問題の原因になることがあります。

やっぱりすれ違うんですよね。
忙しいと。
いろんなことが。
いろんなときが。

共働き家庭が増えていますが、
忙し過ぎて夫婦の時間がない。
ましてや子どもさんがいたりするとなお。

何のための夫婦か――。
ということになるんだと思います。

仕事もいっぱいいっぱい。
家庭も子育てでいっぱいとなると
どこに安らげる場所があるのか?
ということになります。

お子さんがいなくても
休みになったら爆睡するのがせいいっぱい。
とにかく休みたい・・・・なんてなると、
夫婦でいる意味がわからなくなっていきます。

むしろひとり方がいいのではないか。
ラクなのではないか。
そんなふうにも思えてきます。

ふたりでいることが負担になってきます。
それだと夫婦を継続している意味がなくなっていきます。

忙しい仕事と夫婦なり
家庭なりを両立していくこと、
というのは今の時代は大変なんだなと思います。

だけど、優先順位をつけていかないと。
それと、その生活がほんとうにいいのか。
必要なのか。
どうしてもその生活でなければだめなのか。
何が大事なのか、ということになってくるのだと思います。

ときどき夫婦というのは、
そういう選択を迫られる場面があります。

選択しなければならないんです。
そういうときは。

忙し過ぎるというのは
心が荒んでくるし、
モノゴトへの対処も雑になるし、
何か人として、失うものもあります。

ストレスが溜まってしまうということもあります。
その結果、周囲の人との関係がぎくしゃくしていく。
うまくいかなくなる。
そんなときは、キャパシティオーバーしている状態です。

忙しい果てに何を求めているのか、
というのを失わないでいるようにしてほしいな
と思っています。

自分のキャパをオーバーしていると
まあ問題はいろんなところで起きてきます。