夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【子どもが欲しかっただけ】

結婚したい理由は、じつは女性の多くは
子どもがほしい、というのが動機になっています。
好きな人と暮らしたいを抜いて堂々1位。
一方の男性は「好きな人と暮らしたい」がトップ。

スタートの時点で結婚の動機が
少し男女では違うのです。
その違いは夫婦を続けていく間にも
どんどん大きくなります。

男性相談者と話していて、
「もしかして、妻は子どもが欲しかったんでは?」
「それで結婚したんでは? 」と思うことは、
それほど珍しいことではありません。

つまり、もしかしたら人は後付け・・・・だったりして!?

でももう結婚しちやったんだから仕方ありませんけど。

不妊治療に失敗したら離婚とか。
子どもができたら離婚とか。
なくはないです。

最初から結婚の目的が
違うのだろうな・・・と思います。

子どもがほしくて結婚した妻は
子どもができたら
目的は達成されるわけです。

これからは、ますます増えるんだろうなと思います。
女性も経済力がある人が多いし、
「好きだから結婚した」より
「子どもが欲しくて結婚した」としたら・・・。

でも男性は結婚しない人も増えているので、
それもひとつの選択肢でいいかも、と思います。

ただ、気の毒だな、と思います。
そうした妻だった場合は。
精子バンクでいいんじゃないか? なんて思います。
だって結婚にはいろんな人間関係が
からんでいるわけだし、
家族や親族にもかかわる問題です。
子どもが生まれたら、
子どもたちも巻き込まれるわけだし、
なんだかちょっといい迷惑な感じです。