夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

最も人気の高い記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【人生最後の決断】

熟年夫婦にとっての夫婦問題というのは、
何か守らなければならないものがあるとか、
子どもの問題とかから解放されるので、
「自分」以外の要素、というのが少なくなります。
ですので、わりにシンプルに考えることが
できるようになります。

一方で長年連れ添った情のようなものがあるので、
または歴史というのかもしれません。
それらが過去のものとなっていると、
もっと前向きに考えられるようになります。

で、どういうことか、というと
妻から離婚を決めるというのが圧倒的です。

なんとかやってきた、ここまで。
もう何も守るものがなくなったとき、
どうしてもついてはいけない。
そんな判断をした妻たちは、
まあ~、見事に鮮やかに舵を切っていきます。
しかもまだ自分に余力があるうちに。

そりゃあそうです。
これからの人生だってまだ充分に長いのですから。

最後くらいは、自分らしく。
余計な荷物は下ろしたくもなるでしょう。

不思議なくらいな決断力。

もちろん、そこにたどりつくまでは悩んだり
苦しんだりしています。
だけど、もうその苦しみからは解放されたい、
ということのようです。

ずっと夫の浮気に悩まされてきたとか。
何かが長年「おかしい」と感じてきたとか。
大切にされていないと感じているとか。
理不尽さを感じているとか。
努力を続けてきたけれど、結局はその努力は
報われなかった、と判断した妻たちの決断。

最終章に入る前の決断です。

私はいいんじゃないかな、と思います。
自分の体が動かなくなるような
年齢になったとき、
誰かのことを思いやるには、
それまでにどのくらい愛情が
積み上がっているか、
ということが大事なこと
なのではないかと思います。

それがなければ「いらないな」と
わりにシンプルに答えは出せるものだと思います。
答えが出せる気力と体力のあるうちに、
ということだと思います。