夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【もう遅い】

ウィンブルドン男子シングルス。
A・マレーが優勝でしたね。
地元強しって感じでしょうか。

離婚問題が起きて、
修復を考えるがあまり、相手のことばかり気にしてしまう。
「どう思っているのだろう」と
今までしたこともないことをしたり。
急に態度や行動を変化させても
「もう遅い」なんて言われてしまうことに。

結局自分が疲れてしまったり、
相手の態度に一喜一憂してがっかりしてみたり。
なんてことに――。

これってけっこう自分勝手な気の遣い方で、
相手が望むと望まざるとにかかわらず、
自分の思いで動いていたりするわけです。
「離婚になったらどうしよう」という不安から。

「どう思っているのだろうか」というところから
発していく行動とか、気の遣い方とか、
ほぼほぼ間違えていたりします。

そもそも、そうした気遣いが横暴な感じです。
自分勝手な感じです。

もともと相手を思うというのは
そういうことではないはずです。
相手を見て、この人は今何を望んでいるのか?
何を考えているのか?
そんなところから求めているものを提供する
努力をしていくことが
人間関係の円滑に行く秘訣ではないでしょうか。

そこが抜けてしまうと
相手はただただ疲れるだけで、
もう遅いという感覚に陥るのだと思います。

嫌われないように――。
そんな気持ちからだとなんだか
今さらうまくはいかないのです。