夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【修復のエネルギー】

夫婦というのは、どこか徹底的なところまで
いかないと、わからないということがあります。

そこまでいかないとダメ? と。
壊れそうになって初めて気がつく。
アッと気がつく。

もう少しだけ早く気づいていたら、
壊れなくてすんだかもしれないのに。
もしかしたら、何か立ち止まることがあったら
そこまではいかなかったのかもしれないのに。

だけど不思議なものでわからないのですね。
あるところまで行かないと。
悲しいかな。

稀に、ほんとに早く夫婦のぎくしゃくや
行き違っていることに気づけることもあります。
そういう人は修復していく時間も短くて済みます。

皆さん「修復」と言いますが、
傷が大きければ大きいほど、
修復へのプロセスは大変ですし、
時間が必要です。
エネルギーも必要になります。

ときどき疲れてしまう。
修復なんてできるんだろうかと途方に暮れてしまう。
だって修復って、ここでよしがないですから。
「ああ、修復できた」はなかなか
到達できませんから。
自分ではわからないものなんです。

ふたりで修復という目標を掲げていても
現実が追いついていかない。
心が追いついていかない、なんてことも
ザラにあります。

ほんとに夫婦という関係には鈍くなってしまっています。
他人だけど身近過ぎて、なのかもしれないです。