夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

最も人気の高い記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【協議離婚と調停での離婚】

協議離婚と調停での離婚の大きな違いは、
協議離婚でお互いの話し合いで同意に至るのであれば
どんな形、内容での離婚であっても条件などは
夫婦がお互いに合意していればいいんです。

たとえば財産は基本的には離婚時は1/2ずつですが、
全財産を渡す、といえばそれはそれでいいわけです。

まあ一番問題になるのは
養育費と面会交流だとは思いますが。

協議であれば養育費がいくらであってもいいし、
お互いの合意があれば、
仮に決まったとして、その後払われなくても
強制力といのがありません。
協議離婚の場合は。
離婚届けに記入する欄はありますが、
強制力という点では
何もできないんです。

面会交流に関しても同じで、
離婚届けに記入する欄はあり、
記入しても、その後、面会がなされなくても
強制力はありません。

調停で離婚に至ると
調停調書というのが作成されます。
調停調書には養育費や面会交流に関して
また財産分与など
調停内で合意したことが書かれています。

そうするともしも養育費が払われなかったり、
取り決めた面会交流がなされなければ
強制力が発生してきます。
養育費であれば差押えができますし、
その前に履行勧告という「払いなさい」という
勧告を裁判所に申し立ててればしてくれます。
またはそれでも支払われなければ、差押え。
面会交流に関しても履行勧告できます。

協議離婚はメリットもあるのですが、
取り決めたことが
実行されそうもないようなケースでは
デメリットもあるので、
もしも離婚しようと思っているときは、
よく考えて方法を
選ぶほうがいいと思います。