夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【嘘はいつまでも続かない】

内村選手の金メダルの演技を見ていたら、
なんだかひざと肩が痛くなるような気持になってきました。
すごいな・・・・・・。
同じ人間とは思えない。
というのとともに、なんていう体幹力なのだろう、とも。
鉄棒でぎっくり腰! と聞いて、
ああやっぱり同じ人間なのだと思うなんて、
ずうずうしいでしょうかね(^▽^;)

今日は哲学の世界の巨星。巨匠。
ソクラテスの言葉をお届けします。
はるか昔、紀元前を生きた巨人です。

「汝自らを知れ」
アポロン神殿に刻まれた古代ギリシャの言葉。
ソクラテスが語ったとは伝えられていますが、
真偽は不明。
そりゃあ昔昔のお話しですから。

じつはいろいろな解釈のしかたがあるのですが、
自分のことってわかっていない、ということ
ありませんか。

夫婦問題なんて起きたら、
相手のことを知ろう知ろう。
いや、今まで見たこともない相手の側面を
見るわけですから、「ええっ!? 」でしょう。
それは。
だから相手のこと相手のことへといきがちです。

何を考えているの。
どうしてそうなるの。
なぜなぜなぜの連続です。

ですが、意外と自分のことを見ていない。
自分のこと、振り返ってみてください。

反省という意味ではなくてもいいのですが、
あんがい自分のことは置いておいて、というときがあります。

自分のことがわからない。
見えていない。

でも夫婦ってひとりではないですかね。
ふたりで夫婦なので、わかっているはずの自分のこと、
あまりわかっていなかったり、ということもあります。

それが「無知の知」というものでしょう。


「自分自身が無知であることを
知っている人間は、自分自身が無知であることを

知らない人間より賢い」

とソクラテスは言っています。

自分を知ることって大事だと思います。
だけど見えない。
問題があると見えないし
客観視なんてできないし、ですね。

自分探しが流行ったことがありましたが、
そういう意味ではなくて、
自分を知るってどういうことかについて
示唆深いですね。

そしてソクラテスは
「嘘はいつまでも続かない」
なんて言葉も残しています。
やはり偉大な哲学者がたどりついた
真理なのではないのでしょうか。