夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

[修復期間]

台風が次々に!!
今年のお天気はなんだか予想できない
という声をよく聞きますが、ほんとに。
お住まいのところでは大丈夫ですか。
週明けにかけて台風情報には気を付けてくださいね。
何事もないことを祈っています。

よく聞かれる質問のひとつに
どのくらいで修復できますか? 
というのがあります。

ん~、こればかりはなんとも。
一概に3か月で、とか6か月で、とか
言えたらいいなぁとは思うのですが、
なかなかそんなふうにひとくくりにはできないです。

早い人は1週間で修復していく人もいますし、
1年かかっても修復途中の人もいます。
何が違うのかもいろいろですが、
相手が仮に修復する気持ちがある前提で言うと
要は自分が気づけるか気づけないか、
みたいなところが分岐点な気がします。

気づく以前の問題としては、
過大な期待をしていたり、
自分は正しいと信じていたり、
これしかないと思い込んでいたり、
何かに絶対的なものを求めてしまうと
かえって修復は遠のく気がします。

だって絶対的なものなんて、
この世の中にあるでしょうか。
そのとおりになるなんて、誰が言ったの?って
思うんです。

常に流動的です。
人間関係は。
そういうものだと思います。

もちろんさまざまないろいろな要素があり、
関係性以外の要素も加わり、だから流動的。

今、問題が起きているとしたら
流動的だから苦しかったりするし、
もしも問題が過ぎ去っていたとしたら、
流動的だから面白い、と思えるずです。

過ぎた人は、おそらく、思ってもいない
自分にたどりついているはずです。
おそらく、だから修復できたんだろう、
と思います。