夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

[誰かのために]

台風、どうだかな・・・と心配です。
北海道はすでに被害が出ていますが、
北海道の皆さま、大丈夫ですか?
東日本ではこれから台風9号が来るのでひやひやしています。
3つも来ているとやっぱり気になる。

夫婦って最初はふたりで始まるわけですが、
子供ができたりして、家族が増えて、
だんだんと輪が広がっていきます。
その前に結婚することで、家族は増えていますし。
同時に誰かのために生きているっていうことが
大事になってきます。

自分のために生きているというよりも
誰かのために生きている。
生かされている。

自分だけのために生きている人は
結婚などしないほうが断然いいし
個として生きていくのがいいです。
自分の仕事や願いを最優先で
それをかなえるための手段としての結婚なら、
どこかで問題が起きてくるんじゃないかと思います。

この人と結婚したい。
家族になりたい。
新しい何かを生み出していきたい。
じゃなくて、自分の描いた設計図に合わせた
結婚は、いずれ相手の知るところになり、
相手だって感じるものです。

よくあるんですよ。
結婚した、子供ができた。
できたと同時に離婚とか。

子供がほしかっただけ? ってこと。
そんなケースでは夫は種馬か? みたいな感じです。

ときどき描いた人生の設計図どおりに
行かないことで離婚問題になっている。
なんとも居心地の悪い感じです。

でもそもそも設計図どおりなんて
未来のことはいくわけがなくて、
どうなっていくかわからない。
誰にも。

その設計図は誰が描いたんだろう・・・。
自分の人生の設計図は
ある程度は自分で描けるけど、
夫婦という関係性のあるふたりの未来の設計図は
ふたりで描かないと。

自分のためでなく、
誰かのために生きているという部分があると
ずっとずっと人生は楽しいですよ。
ほんとうに。
自分ひとりだけよりは思わぬ展開。
思わぬ自分と出会えたりします。

あんまり計画通りにモノゴトを進めようとすると
どこかに無理な力が加わり、
結局うまくはいかないことになります。