夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【自分なりに気遣っている】

ゲリラ豪雨があっちでもこっちでも、という感じ。
どうなっちゃってんでしょうね。
なんだかなぁ、なお天気です。

人間関係を円滑にしていくもののひとつに
気遣いがありますが、
夫婦も同じようなところがあります。

気遣いなくして、夫婦円満などありえません。
気を遣わなくちゃいけないの~、と
思っているようだとアウトです。

気遣いなくしてうまくいっているときもありますが、
それがずっと続くなんて、ないでしょ!

人間関係、どれもそうです。
もちろん夫婦関係も。

でも困ったことに
ときに気遣いを勘違いしていることがあります。
自分なりに気遣っているだけ、という場合。
一生懸命気を遣い。
ときには神経をすり減らさんばかりに
気遣っているのにもかかわらず、
相手が何の反応もしない。
いや、むしろ、反撃ばかり。

でもね、それ自分なりの気遣いなんですよ。

「いや、そんな気遣いはいらない」ということ
あるでしょ。
そんな気遣いをされても喜べないし、
むしろいらない。
NO THANKSなわけです。
相手にしてみたら気遣いでもなんでもない。

で、そういう気遣いをする人は
「こんなに気遣っているのに! 」なんて
怒りに変わったりするので困ります。
いやいや、誰に頼まれたの? ってことです。

さらにはその気遣いは
自分勝手なものだったりするわけです。
それこそが迷惑、なんてことに。

気遣いって、相手が望むことをするのが
本来なんじゃないのかな、と思うわけです。
かゆいところに手が届くと言うのでしょうか。
だから快適なわけです。
「よくぞ」と思えるわけです。
上手に気を遣ってもらえると。

その根底はやさしさなんじゃないかと思います。
やさしさのない気遣いは疲れるだけ。
根底にやさしさのある
気遣いは心地よい。
やさしさのない人の気遣いは
ただの神経使っているだけで、何も感じない。
薄っぺらな気遣いは通用しないものだと思います。