夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【相手の立場】
【ゴミのように捨てられた】
【なんでそんなことをしたの? 】
【問題のマグマ】
【夫婦の黄色信号】

最も人気の高い記事

【相手の立場】
【ゴミのように捨てられた】
【なんでそんなことをしたの? 】
【問題のマグマ】
【夫婦の黄色信号】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【幸福度】

海外の大学ですが、1万2000人あまりを対象に
30年以上追跡調査した研究があります。
幸せについて。

日常の中で家族や友人が幸せを感じていると
その接している人たちの幸せを感じる可能性が
15%も上がるそうです。
人の幸福度は自分から3人目まで影響するそうです。

つまり家族や夫婦がうまくいっていると
自分はもちろん、夫婦や家族ももちろん、
その友達まで、幸せは伝わっていきます。

この結果から幸せになりたければ
年収を増やすより、家族や夫婦、友人といった
周辺の人たちとの関係を良好にすることが
効果的、と結論づけています。
(ちなみに年収が上がっても2%しか幸福度は上がりません)

幸せというのは自分だけのものではなく、
また、幸せ度は自分だけで得られるものでもない。
ということなのでしょうね。

それと健康ということに深く関係しています。
身近な人は。
夫婦問題が起きると皆さんさまざまな不調に襲われます。
不眠や食欲不振なんて序の口ですし、
うつやストレスが元になるあらゆる病気。

というのも、友達が太っていると
自分が太る確率は57%上昇し、
兄弟が太っていると肥満になる確率は40%アップ。
夫や妻が太っているとその確率は37%上昇します。

身体的なこともむしろ遺伝よりも
身近な人に影響を受けることがわかっています。

こわいですね。
つまりいかに身近な人の存在が
自分の幸不幸に関わっているか・・・・。
人間関係が限りなく少ない人は
心臓疾患で亡くなるリスクや
風邪をひくリスクが2倍になるそうです。

人は人によって、
または人とかかわりを持つことで、
じつは自分の存在を命を含めて
保っているのだろうと思います。
傷ついたときに夫や妻、友人との関係が良好であれば、
回復していくことができるし、その時間も短くて済みます。

夫婦仲が悪いという夫婦は、
ケガが完治するまでの時間が
仲の悪くない夫婦に比べて約2倍かかったそうです。

身近な人との関係の良し悪しは、
自分の人生の質にかかわっています。
身近な人の関係に努力をしていると
自分にも必ず見返りがあるとも言えます。

だからこそ、夫婦問題が起きると
どーんと落ち込んで、立ち直るのが大変になります。