夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

最も人気の高い記事

【輝いている人】
【夫婦問題の難しさ】
【夫婦という関係】
【回復する力】
【離れてみる】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【引き際】

夫婦喧嘩って意地の張り合い、
みたいなところがあって。
引くに引けない。
頭ではわかっているけれど、
一歩引くことができなくなっています。

お互いにそうなっているので、
どちらも自分の主張をして、
主張を正当化して、譲らない。

その場はどちらかが譲れたとしても
結局同じことが繰り返されます。
とりあえず、譲っているだけだと。

意地になっていても
何も解決しないので、
この際、意地なんて捨ててしまったほうが
いいんじゃないか、と思います。

意地って中身空っぽ
みたいな感じがするでしょう。
言葉自体。
ただ引けないだけなんですよ。
引き方がわからないのかもしれないし、
押してもダメなら引いてみなって言うじゃないですか。
ほんとだと思います。

押してばかりいたって、全然。
自己主張ばかりしていたって全然。
押していっちゃう、その方法論が間違っている
のかもしれません。

引ける人は引き際をわきまえているので
いいタイミングで引くことができます。
でも引き際がわからない人は
むやみに押していったり、
ぐいぐいいけば大丈夫――みたいな。

そんなはずはないに決まっています。
なんでもモノゴト押せばうまくいくなら、
そんなに簡単なことはありませんから。

でもできないんでしょうね。
引くことのできない人は。
で、結局墓穴掘ったりします。