夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

最も人気の高い記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【財産分与】

ずいぶん涼しくなりました。
東京は。
皆さんのところではいかがですか。
夜など、羽織りものがないと、といった感じです。
食欲の秋かぁ・・・・とちょっと困ります。

みんななんだかんだ、マイルールで生きていますが
たまにすごいマイルールで歩んでいる人がいて、
びっくりします。

法律というルールがあってもそんなの無視。
離婚時財産分与は夫と妻と
1/2ずつですが、「なし」なんて平気で言う人も。
いやいや、共通のルールで決まっているんですよ。
基本的には。

専業主婦であろうが、
働いて収入があろうが、
夫婦で築いた財産は1/2ずつ。

といったルールがあっても
ひたすら無視する。
無視するというか、なんとか財産分与せずに
離婚をしようとする――って無理だわ。
それは。

それと比較的男性に多いなぁと感じるのが
マイルールをいろんなことに当てはめてしまう人。
俺さまルールとでもいいましょうか。

えええっ!? どうして、そんなふうに・・・・・。
で、それを「そうに違いない」と結論付けてしまう。
なぜかっていうと
自分の考えにとらわれてしまっているので、
ほかの考え方なんて思いつかないし、
思いつきたくないし、知りたくないし
自分が納得を得られる一番安直な経路で
結論へと結びつける。

それが最も納得がいくからです。

でも自分の納得で夫婦問題が
解決すればいいですけれど、
今まで解決してきていないわけですよね。
だけど、マイルールに固執してしまうんですね。

だけど、そういう人ほど離れられないです。
マイルールから。
恐くて離れられない。
簡単にいうと頭が硬いってことかな。
柔軟性に乏しいというのでしょうか。
気づかないというのか、
気づく人はポンポンポンと連動して気づけますから。

そうするとどうすればいいか、が、
パッとわかっちゃうんですね~。

気づこうとしていない人は
マイルールに固執して
いつまで~も気づけないままです。

パッと違う見方ができたら、
違う道が拓けているのにね。