夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
夫婦問題はあってあたりまえ

【感謝の気持ち】

大事なのは俺。
何をおいても俺。
家庭がどんな状況でも、
子どもが生まれた直後でも。
定年退職間際でも。
俺が大事。

妻の事情なんて関係なし。
家庭の事情も関係なし。
大切なのは俺の仕事だったり、
俺の事情だったり、
俺、俺、俺――の人、
けっこういますね。

まあ~、残念ながら直るとか、
改善するとかって、
あまり希望を持たないほうがいいのかな、と思います。

夫婦は俺のためにある。
家庭は俺のためにある。
そんなくらいに思っているのではないでしょうか。
むしろ、それの何がおかしいの?
いけないの?って。

こういう人とは成り立たないです。
対等で真っ当なことが。
感謝とか、ありがたいなとか、
ないですから。
やってあたりまえでしょ、と思う程度です。

人に対して感謝の気持ちがない人は
結局何やっても
結局ダメなんじゃなかろうか、
と思います。

ギブ&テイクですから、
自分だけが貢献していて、
相手は受けるばっかりなんて、
またはその逆なんて、
その秤がどっかおかしいことになっています。
壊れているとかね。
物差しが。

無理でしょ!? ってことに。
どこか愛すべきところがないとね。
それがあればまだ救われます。
人としての魅力とでもいうのでしょうか。
それがないと
夫婦なんてそもそもいろいろあるわけですから、
いろいろを乗り越えていけないです。