夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】
【自分の感覚】
【家事ハラ母】

最も人気の高い記事

【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】
【自分の感覚】
【家事ハラ母】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【隣にいるのに】

なんだかここのところ、ずっと太陽を見ていない気がします。
変な秋ですねぇ。
お天気予報を見るたびに雲か雨のマークで
少々うんざりしています。

一番いてほしかったときにいなかった。
助けてくれなかった。

ときどき、人生窮地になるときがありますが、
そんなとき、一番そばにいるはずの人がいないと
または、何の手も差し伸べてくれないと
後になってもずっと、その空白を埋めていくのが
難しくなります。

すれ違ってしまった、というのでしょうか。

子どもが生まれたばかりで
手探りで育児に奔走しているとき。
仕事で行き詰ったとき。
子育ての悩みを抱えたとき。
病気になったとき。

いろんなことが夫婦には起きますし、
不可抗力のときもあります。
でも、そんなときに夫婦の一方が
その行き詰まりや必要としていることを
真に理解しようとしてくれないと
ふたりでいる意味が見えなくなってしまいます。

結局のところひとりでどうにかして、
ひとりで乗り越えていくのですが、
ふたりなのにひとりであることが
何よりもこたえるのだと思います。

そんなに何度も訪れることではないのでね。
そうした人生のピンチというか、
どん詰まりは。
そのとき、たとえよくは理解できないことであっても
悩んでいる。
困っている。
くらいはわかるものではないでしょうか。

そのことにも気づかず、
相手が自分のことだけに一生懸命でも
それがたとえ、家族のためであったとしても、
手を差し伸べてくれなかった――。
そのことが決定的なのです。