夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【気持ちがわからない】
【気持ちがわからない】
【マザコン夫との付き合い】
【モラハラ夫】
【ズレまくりの果て】

最も人気の高い記事

【気持ちがわからない】
【気持ちがわからない】
【マザコン夫との付き合い】
【モラハラ夫】
【ズレまくりの果て】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ラクに生きる】

主婦として、とてもいいけれど妻として
どうなの? とか
稼いできてくれるけれど、夫として
どうなの? とか。
ありませんか?

もちろん母親として、
とてもいいけれど妻としてはどう?
父親として完璧に近いけれど
夫としてはどう? とかね。

いろいろな役割が夫婦にはあるので、
同じ人が何役かを持っているわけでもあるので、
その使い分けが必要なときはありますね。

いい妻がいい母と≒ではないし
いい母がいい妻ではないし、
夫だって、いい夫がいい父親とは限らないし、
いい父親がいい夫とは限らないわけで。

だけどもともとパーフェクトな人などいないのでね。
何もかも・・・なんて欲張り過ぎな気がします。
どれも大事な役割なんですけれど、
自分はどこに重点を置いているか。
どこは外せないけれど、そこ以外のところは
まあ多めに見るとか。

少しそういう余裕というのか、
何かハンドルの遊びみたいなのがないと、
夫婦はキツキツで家庭を作って、
それをうまく回していくことに終始してしまいます。
それだとね・・・
つまらないでしょ、ふたりでいることが。

何か家庭とか家族とか、課題みたいで。
なんでこんなに大変なの。
苦しいの。
やらなきゃいけないことがたくさんあり過ぎる
といったことに。

もうちょっとラクに呼吸できて、
もう少し快適な関係になれたほうが、
生きるのはラクになります。
ラクに生きることは悪いことでも
いけないことでもないですよ。