夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【何を言っているのか】
【勘と思い込み】
【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】

最も人気の高い記事

【何を言っているのか】
【勘と思い込み】
【落ち着こう】
【もういい】
【続けることを目指す!? 】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【傷つきやすい人】

傷つきやすい人と傷つきにくい人がいます。

ちょっとしたことが、とても重大なことに思えて
実際に本人とっては重大なことなのです。
それで傷ついてしまう。

傷つきにくい人というのは、
「そういうこともあるかもな」くらいで
済んでしまいます。

精神が丈夫か丈夫じゃないか。
タフかタフではないか、の違いかもしれません。

傷つきやすい人は、
ややもすると柔軟性がないので、
なかなか方向転換することが難しい。
だから傷ついたままでいることが多いのかな。

でも方向転換を柔軟にできると
傷はついたとしても立ち直ることが早くできます。

これはけっこう育ってきた過程とか
それまでの人生経験が影響していることが多いです。

自分という存在に安心感を持てていると
傷はついても大丈夫と思えるし、
傷ついても立ち直った経験があれば
大丈夫と思えます。

傷つきやすい人は
傷つきたくないからそれまで傷つくことを回避してきた。
または自分に安心感がない。
防衛本能が強いというのでしょうかね。
だから傷つきやすい人が一度傷つくと
立ち直るのにとても大変です。

どちらがいい悪いではないのですが、
つらいかつらくないか、でいうと
傷つきやすい人の方がつらいことは多いかも!?

傷つきたくないがゆえに
身近な人を攻撃してしまったり・・・なんてこともあり
いろいろなことが、
かえって結果起きてしまったりすることもあります。

傷つきにくい人は
あまり動揺しないので、
これはまた、問題も起きないで済む、ということがあります。

ですが、あまり傷つかないと
今度は鈍くなってしまうので
そんなになるまで・・・ということも
ないわけではありません。

ほどほどに傷つかない。
くらいがいいでしょうけれど、
なかなか難しいことだとは思います。