夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

最も人気の高い記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【必要のない努力】

台風18号が温帯低気圧に変わったそうですが、
先ほど東京では突風が吹いていました。
これから北上していくみたいですねぇ。
何事もありませんように・・・。

真面目に努力していても夫婦がうまくいかない。
努力ではどうにもならない。
努力がするするとすり抜けていき、
相手は一切受け取らない。
つまりは欲しくはない努力。

だけど努力した方は
「こんなにやっているのに」と勝手に思ったりします。
怒りに変わることもあり、怒りは自分自身を痛めつけ
疑心暗鬼を生みます。

よくあるんですよ。
欲しくない努力をしていること。
望んでいないことを(きつい言葉で言うと)
勝手に自分でやっているだけのこと。
そして、自分はやっているのに相手が悪い――と
そういう人はなっていきます。

いや、ていうか、望んでないことをしてどうすんの?
ってことですけれどね。
すごくシンプルなんですけれど、
そこがわからない。

もうがっちがちに自分の考えに
とらわれてしまっている人に見受けられます。

どうやったって、それが正しいと思っているとか。
それしかないと決めつけているとか。
でもその根拠は何?
聞いたの? 相手に?
聞いてないのに、そんなに勝手にされても
全然その気になんてなりようもありません。
いや、違うんだけどな・・・と
はたまたやっぱりわかっていないと
相手には思われているのがせいぜい。

でもやっている本人は全く気づきません。
正しいと思っているから。
そして悪者になるのは自分ではなく相手です。