夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

最も人気の高い記事

【変われない人】
【わかってくれない】
【夫婦像、妻増、夫像】
【不貞相手との話し合い】
【おめでた】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

[勝手にジャッジ]

夫婦って不思議なもので、
きっとこうだから、とか
こうに違いない、とか
わりにというか、ほとんど自分の中で判断していたりします。
ジャッジしているといいましょうか。
 
でも、それってあくまで自分のジャッジです。
どこから来ているのか、というと自分。
間違えていないでしょうか。
もしも間違えていなければ問題は起きてはいないはずです。
 
ほんとうはすごく危険なことなんです。
自分のジャッジを他の人に下してしまうって。
 
ほんとうだったら究極突き詰めると「わからない」はず。
いくら夫婦でも。
相手の考えていること、
思惑、感じていること等々。
なぜなら他人だから。
 
たまに子供だってあります。
えーっ!?そんなふうに思っていたの。
兄弟姉妹だってあります。
血がつながっていたってそうです。
 
もともと赤の他人、価値観も違う他人同士の夫婦。
わかったつもりなだけではないかな、
と思うんですよ。
それはとっても危険なことなんです。
 
自分のことだって相手にしてみれば
わかったつもりで全然わかってくれていない、
ということはたくさんあると思います。
相手だって同じです。
 
でもなぜだか、自分はわかったつもりなんですよね。