夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

最も人気の高い記事

【いばらの道】
【もう責めるのは止める】
【意地をはる】
【女として見られない】
【予想外の出来事】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【まじめな人、怒りっぽい人】

自分の中にある感情とか、
何かを抑えて生きてきた人というのは、
怒りっぽかったり
まじめだったりします。
 
でも何かのことをきっかけに、
それが噴出してしまうと手に負えません。
 
まじめな人は「まじめ」という看板を縦にして、
自己防衛します。
 
もちろんルールも犯していないし、
まじめに生きているので、
誰かから非難されるようなことはしていないのですが、
それを盾にミスした側を責め続けます。
唯一の砦として。
 
でも、そのまじめさというのは
ときに自信がないから、
人の目を意識しているから、といった
自分ではないところが出発点になっていることが多いので、
心の奥底には怒りとか、
自分を抑えつけた感情というのが眠っていたりもします。
 
それがときには一番身近な夫婦や家族に出てきます。
だから家族の評価と外での評価が違ったりします。
 
そういう人は表面的にはやさしくても
心の奥には人に対する許せない気持ちとか、
敵対心があります。
自信がないんです。
自分に。
 
そしてまじめに我慢している自分に対して満足します。
つまりは一歩を踏み出す勇気がないとも言えます。
でもまじめにやっている自分に非はないわけで、
こんなにまじめにやっているのに、となります。
 
それは逃げ場を別のところに設けているだけです。
相手のせいにして、自分はいつも悪くない。
そんなはずはないんです。
夫婦って。
 
必ずお互いの作用で物事が起きているはずです。