夫婦問題カウンセラー  - 夫婦問題はあってあたりまえです!
RSS ファンになる

最新記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

最も人気の高い記事

【ふたりで何ができるか】
【良妻の危機】
【忖度させられる】
【気持ちと行動】
【言ってくれればいいのに】

カテゴリー

Book Review
My Story
カウンセリング
メールマガジン
メディア
夫の悩み
夫婦の在り方
夫婦円満の秘訣
夫婦問題
女の浮気
妻の悩み
子どもの問題
家族問題
浮気問題
男の浮気
自分の守り方
言葉の贈りもの
離婚問題
検索エンジンの供給元:

夫婦問題はあってあたりまえ

【ズレている】

夫婦問題が起きていると
どこかが大きくズレています。
どちらが悪いとか、いいかとではないんです。
どちらも悪くない。
 
だけどズレている。
 
ズレていると相手に対して「?」ですよね。
疑問が次々にわくし、
そうするとどうしても受け入れるというよりは、
自分を守ろうとか、
素直になろうとかいうよりも
何かつっかかりがあって、敵対まではいかなくても
意地を張るというのでしょうか。
 
だけどズレているときこそ
相手を積極的に受け入れてみようとしないと
ますますズレは大きくなっていってしまいます。
 
「おかしいじゃないか、それは」
みたいに思い、そのままでいると
もう全くわからなくなります。
 
自分の姿勢ですね。
言ってみれば。
受け入れようという積極的な姿勢か、
拒否の姿勢かによって
違ってくるところは多々あるのだと思います。
 
もしズレていて、そのズレを少しでも
近づけたいと思うのならば、
やっぱり受け入れられる姿勢の方が
改善が早いです。
 
そりゃあ人間ですから、
いろいろと気持ちとか感情とかあります。
次々にわいてきます。
納得のいかないことばかりだったりします。
 
でも、です。
相手のある夫婦問題という問題を改善していくためには
相手のことを受け入れるか、そうではないか、は
大きな分岐点です。
 
受け入れてみようと思うだけでも
いいのかもしれません。
批判的だったり、
突っ込んでばかりだと
到底受け入れがたいというところに着地するだけです。